ひょうごん福祉ネット 住み慣れたまちで安心して
暮らし続けるために
メール:hyogonfukushi@yahoo.co.jp
●公的制度では提供できないサービス・見守り・相談援助を実施しているNPO団体等の集まりです。


例会は毎月開催しています

 10月17日、11月21日、12月19日、例会を開催しました。 それぞれの会で団体の活動紹介がありました。
 今回まとめて3団体をご紹介します。

 <西すず安心センター>
設立は1999年11月と古株のNPOですが、ひょうごん福祉ネットに参加したのは2019年4月からです。 住民同士の助け合いが基本にある、福祉ネットの理念に近い団体ですが、なかなかご一緒できませんでした。 神戸市の住民主体訪問サービスへの参入をきっかけに、声掛けさせていただき、ひょうごん福祉ネットに参加しました。 ・行っている事業は、大きくわけて、
@介護事業(訪問介護、居宅介護支援)
Aボランタリー事業
Bボランティア活動
の3つです。

 <はんしん高齢者くらしの相談室>
長い法人名ですが、その名称が在りようを表しています。 「地域の高齢者とそのご家族が抱える、医療・介護・法律・不動産、その他生活全般における様々なお悩みごとをサポートするため、地域の高齢者向けサービスを提供する各種事業者により構成された」NPOです。相談窓口を一つにし、専門家が連携して対応することにより、ワンストップで高齢者が安心して相談できる体制になっています。

 <神戸西助け合い>
阪神淡路大震災の復興支援活動が始まりです。NPOには珍しく男性中心の団体です。
草刈りや剪定、家財の引取り処分など男性を活かした活動はNPOではユニークではないでしょうか。 近年は、「地域福祉と環境の両立」として、太陽光発電、天ぷら油や発泡スチロールのリサイクルも実施しています。


ひょうごん福祉ネット